+++ advance announcement +++

新学期が始まりました。新しいメンバーが研究室に入りました

 

 

 

赤キャベツのアントシアンを用いて安定な青色天然着色料を見いだしました。

Science Advances 2021.4.7

表紙にも選ばれました

 

紫色アジサイの単一細胞分析により色変異の機構を解明しました。

New Phytologist 2021.1

 

黒大豆種皮のシアニジン3-グルコシドの新しい生合成経路を見つけました

Scientific Reports 2020.10.16

 

Many thanks for participation of ICP2014



吉田研究室では博士課程前期・後期課程の大学院生を募集しています。

詳細はこちら旧試験問題などはこちら

吉田に直接お問い合わせくださっても結構です

yoshidak#i.nagoya-u.ac.jp (# を@に変えてください)
またご質問・ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。


+++WHAT'S NEW ??+++

 
Original paper

 

Discovery of a natural cyan blue: A unique food-sourced anthocyanin ccould replace synthetic brilliant blue. Sci. Advances, 7, eabe7871 (2021). DOI: 10.1126/sciadv.abe7871

Original paper

 

Single-cell analysis clarifies mosaic color development in purple hydrangea sepal. New Phytologist, 229, 3549-3557 (2021). DOI: 10.111/nph.17099

Original paper
5,7,3',4'-Tetrahydroxyflav-2-en-3-ol 3-O-glucoside, a new biosynthetic precursor of cyanidin 3-O-glucoside in the seed coat of black soybean, Glycine max. Scientific Reports, 10, 17184 (2020). DOI:10.1038/s41598-020-74098-6.

Review Blue flower color development by anthocyanins: from chemical structure to cell physiology. Nat. Prod. Rep., 2009, 26, 884-915.
[ 詳しくはこちら ]

+++ ACCESS +++

〒464-8601 名古屋市千種区不老町 
名古屋大学大学院 情報科学研究科棟 8F 808室 (教員室) 
名古屋市営地下鉄 名城線 名古屋大学駅 1番出口より徒歩5分

2021.4.10 Last updated


 
11Copyright@2005 All rights reserved.